プラン - information | ナチュラル服・肌触りの良い大人のガーゼ服はao daikanyama | アオ代官山
ナチュラル服・肌触りの良い大人のガーゼ服は ao daikanyama | アオ代官山
split
information | ナチュラル服・肌触りの良い大人のガーゼ服は ao daikanyama | アオ代官山

インフォメーション

2012年9月 8日

ao お茶はじめました。

「月のしずく」試飲会を開催します。
9月15日(sat)〜30日(sun)


朝方や、夕方から夜にかけて、涼んできましたね。
夏が終わりに近づき、ようやく秋の音が少しずつ聞こえます。
今の季節の夜の音は、どこか日本の風情を感じます。
また、季節がめぐろうとしているのです。

この度aoでは、新たにお茶をはじめることとなりました。
皆様にも実際にご堪能いただきたく、店頭でお茶をお試しいただけます。
是非この機会にお楽しみくださいませ*

tea.jpg

<月のしずく 1袋>780円
1袋に5パック入りです。

aoこだわりのブレンド「月のしずく」。
月桃(げっとう)と棒茶のブレンドになります。
月桃は沖縄の石垣島、棒茶は静岡が産地です。

香りがとても良く、味だけでなく匂いも楽しんでいただけて、
とてもリラックスできます。
また、身体に嬉しいことがいっぱい詰まったお茶なのです。
カラダの中からキレイになりましょう*


月桃茶がどのような効能があるか、気になりますよね!
実はポリフェノールをたくさん含んでいるのです~

月桃茶は熱帯に分布するショウガ科の多年草です。
日本では沖縄・九州南部に見られます。
最近ではポリフェノールを多く含むことがわかり、
健康茶として注目を集めています。
なんと、赤ワインの約34倍ものポリフェノールが含まれています。

なぜポリフェノールが含まれていると、身体にいいのかといいますと。。
ポリフェノールは強力な抗酸化物質なので、
「アンチエイジング」、「アレルギーの改善」、
「生活習慣病の改善」などに効果があるのです。

月桃茶にはポリフェノールだけでなく、
食物繊維やカルシウム・マグネシウム・鉄分などのミネラル類も含まれています。
日本人はミネラル不足の傾向があるので、
毎日飲むことで健康に大きく貢献してくれます。


また、棒茶は茎茶ともいわれ、日本の緑茶の一種です。
茶の若枝、新芽の茎を混ぜてつくられます。
アミノ酸を多く含んでいるため、旨味が強いのも特徴です。
その棒茶を丁寧に焙じてできたのが焙じ棒茶です。


20120914v2.jpg

月のしずくはそのままお湯を入れて飲んでも、冷蔵庫で冷やして飲んでも
なんだか身体に浸透していき、とってもおいしいのです。
aoのふろしきと一緒に包んで、ちょっとしたギフトとしてもおすすめ。
お客様にお出ししても、喜ばれそうですね。

ゆくゆくはao cafeなどできたらいいな。*
皆様も本を読みながら、お茶でホッとしてみませんか?


staff. O 

*大変恐れ入りますが、月桃茶はショッピングページに掲載がございませんので
お電話かメールにてお問い合わせください。

2012年8月18日

藍染めサロンが入荷しました

大変長らくお待たせいたしました。
aoにギャルリ百草さんのサロンがやってきました!

DSC03049.JPG

サロンとは  (以下、百草さんの「サロンの着付け」より抜粋)

筒状の環の中に入り、身体を沿わせてはくスカートのことです。
百草のサロンは、留め具や紐を縫いつけず、
共布の腰紐を二周し固定するやり方や、それにより生まれる着心地、
周囲寸法が一定で、着る人が自由に組み合わせられる「重ね」や、
腰紐の扱いで自在に着こなせる形、畳み方などの様式が特徴です。


今回はaoとのコラボで藍染のサロンが出来上がりました。
とってもきれいな色味に思わずうっとりしてしまいます。
そして、この藍染めの素材感とさわり心地。
藍染の匂いがふんわりと香ります。
DSC03022.JPG

藍染めのサロンは、全部で4種類ご用意がございます。

<単サロン 一重ガーゼ 12600円>藍染め
<単サロン 60Wガーゼx80ローン 12600円>藍染め
<裾ねじりサロン 17850円>藍染め
<ポケット付ギンガムサロン 15750円>藍染め

他にもカラフルな単サロンも入荷しております。
こちらは重ねて履いて、「重ね」を楽しんで頂けます。

DSC03029.JPG

<単サロン 4200円>(左から)生成色・いちご・白・ミモザ


-------------------------------


さっそくaoスタッフ全員で、サロンの着付け会を行いました!
まずは基本からしっかりと。安定した着方と着心地を身につけましょう*
その様子をぜひご覧ください*

「aoスタッフ サロン着付け会*」

DSC02661.JPG 

 

①背筋を伸ばし、足を肩幅より少し広げた状態で立ちます。

②サロンを用意。このときサロンの向きにご注意。
百草さんのタグがある方が下になります。
DSC02675.JPG

③左手は脇縫いの位置でサロンを固定します。右手は後ろへ手をまわし、
背面から右サイド、正面を通り、左手に向かって一周します。
その際、布の上端から拳一個分くらい下の位置を、
布を掴むようにひっぱりながら一周します。

DSC02676.JPG

④身体に沿わせてきて余った布をタックとして右腰方向へ折り返します。

DSC02677.JPG

⑤折り返しの部分のわに左手を入れ、タックの先っぽのわに右手を入れます。

DSC02678.JPG

⑥わに入れた左右の手を、身体に沿うよう布をずらしながら
しっかりと引っ張ります。右ウエストに来るタックの先が、
右腰骨をすっかり覆うくらいの位置に終点を合わせます。 

DSC02679.JPG

⑦左手はサロンから手をはずし、
右手でしっかりとタックの先のところを押さえ、腰紐を手に取ります。

DSC02680.JPG

⑧押さえている右手に紐を渡し、紐を持ったまま左手を左横にスライドさせます。
サロンのタックの先を押さえていた右手を紐に移し、
必ず左右両方の手で前面から背面に紐を廻します。

DSC02681.JPG

⑨背面で紐を交差させて、前に持ってきます。前面で二回紐をくぐらせた後、
逆方向に引っ張り、二本の紐に挟み込みます。(着物の腰紐と同じ方法です。)

DSC02682.JPG

DSC02683.JPG

⑩上端に余った布を整えて折り返します。そうすることでより安定しますし、
紐も緩んできません。短めの丈で履く場合には、上部の布がたくさん余り、
折り返すことでまた違った表情の着こなしになります。

DSC02684.JPG


完成!!

DSC02688.JPG

*上の画像のサロンはスタッフの私物です。

*

百草さんのオリジナルサロンは同じ周囲の仕立てのため、
重ねばきによる自身によるコーディネートができます。
aoの藍染サロンと色鮮やかな単サロンを重ねたら、なんだかまた気分も変わります*

DSC03033.JPG

DSC03032.JPG

ギンガムサロンはポケット付き!
さりげなくポイントになりますよ。

DSC03034.JPG

<ポケット付サロン ギンガム 15750円>藍染め
<単サロン 4200円>ミモザ
<半袖UカラーTシャツ 6400円>Lグレー
<ガーゼリングマフラー 3800円>墨色

さらにこんな着こなしも*
ストールにしてもきれいですね。ボリュームも程良く、秋冬に活躍しそうです。

DSC03052.JPG

DSC03057.JPG

今の季節だとサロンにかごバッグが相性抜群ですね。
秋にはタイツやレギンスを重ねて履くと、より一層コーディネートを楽しめます。
選びきれなくてお出かけ前に迷ってしまうかも。
暑さ寒さの用に応じて、オリジナルの着こなしを是非楽しんでくださいね。

また、aoの店頭では、サロンの着付け方をお伝えいたします。
サロンを着たことがない方でも、
aoスタッフが初めから着付けを致しますのでご安心ください。
また、百草さんの「サロンの着付け」という小さな冊子をお配りしておりますので、
着方が分からなくなっても、すぐにご確認いただけます。
是非お気軽にお申しつけくださいね。


staff.O

参考文献:「サロンの着付け」/ギャルリ百草

2012年7月23日

aoと藍

6月末にまとまって入荷したaoの藍染め新商品。
今回は、知っていそうで知らなかった藍染めのことに触れてみました。


DSC02876A.jpg

店内が藍で染まり、ほのかに藍染めの匂いがします。
静かな色と落ち着きがあり、だけど強さのようなものも感じられ、
その藍の美しさに自然と引き込まれます。

DSC02873A.jpg

藍染めの歴史は本当に古く、現存する染色布で最古のものは、
エジプトのピラミッドから発見された藍染めの麻布であり、
4000年ほど前のものといわれています。

藍染めは日本だけでなく、世界各地で行われている染色方法です。
藍色の天然色素を含んでいる数種類の植物が、
各地の気候風土に応じて用いられてきました。
蓼藍(タデ科)、インド藍(マメ科)、ナンバンコマツナギ(マメ科)、
琉球藍(キツネノマゴ科)、大青(アムラナ科)など。
日本では主として一年草の蓼藍が藍染めの原料とされています。
高温多湿な土地によく育ち、葉に藍色の色素が含まれています。

v20120728-2A.jpg

藍染めには生葉染めと建染めの二つの方法があります。
生葉染めは藍の葉をミキサーなどにかけ、
漉した液で染める方法で、7月から9月初めの時期に限定されている染め方です。
濃い色は出ませんが、きれいな水色に染め上がります。


藍から特殊な方法で色素を溶かし出すことを「建てる」といいます。
古来から続けられている方法は「発酵建て」といい、
灰汁、石灰、麸(ふすま)などを使って建てますが、
かなり経験を要するものです。

発酵建てによる建染めはとても手のかかる方法で、
刈り取った藍の葉の部分を干し、その後水を与え、
切返しなどの作業を繰り返し、発酵させ塊状の「すくも」にします。
この「すくも」が藍の染料の基になるものです。 

v20120728-1A.png


藍は含藍植物といわれていますが、
植物自体が持っているのは、藍の天然色素のインジゴそのものではなく、
その原料となるインジカンです。
インジカンという物質は発酵によってインジゴになります。
すなわち、「すくも」の状態です。

インジゴはそのままでは水に不溶のため、
灰汁や苛性ソーダ等のアルカリ液に溶解させるために還元という作業を行います。
還元されるとインドキシルという水溶性の物質となり、
この作業を「藍のすくも発酵建て」といいます。

この液に糸や布を漬け、染液をしみこませますが、
この時点では繊維は黄土色で、これを空気にさらすことにより
インドキシルは酸化し、不溶性のインジゴになります。
黄土色から黄緑色、エメラルドグリーン、青緑から青へと発色していきます。
そのつど酸化、発色させ、その作業を何度も繰り返すことで、
濃い藍色に染めることができるのです。

DSC02894A.jpg

 

*

aoの藍染めは、染め職人さんの技術により、色落ちや色移りが気にならないです。
私自身も実際に着たり、お洗濯したりしていますが、本当に扱いやすい。
私はよくao×синийの藍染めスクエアワンピースに
ストールやカーディガンを合わせます。
合わせたストールも手も染まらずに、安心して着られます。

DSC03045A.jpg

ちょっとしたパーティーにも着ていけて、シックな雰囲気に心も落ち着きます。
襟元のピコ刺繍とボタン、後ろ身頃のタック、お袖のシフォン。
一見シンプルに見えますが、実はとても繊細なディテールなのです。
ネックレスはあえてつけない方がきれい。

DSC03047A.jpg

<藍染めスクエアワンピース 21000円>
<単サロン 4200円>いちご 首元にストールとして使用


長袖のシャツワンピースは肌寒い夜に。

DSC03035A.jpg

サイドにスリットが入っており、重ねたバルーンワンピースがアクセントに。
もちろんパンツスタイルにも◎
前開きなので、羽織としてもお使いいただけますよ。

DSC03037A.jpg

<藍染めシャツワンピース 25800円>
<バルーンワンピース 25500円>生成色

 

古来から人々がアオ色に憧れるのは、
決して人々が手に届かないところにある___どこまでも広がる空や、深く力強い海のように
自然界にしか存在しない色だからかもしれない。


蒸し暑い夏を、aoの藍染めたちでぜひ涼んでくださいね。

近々藍染めサロンについても更新いたします。
おたのしみに*

DSC03023A.jpg
 

staff.O

参考文献:アパレル染色論/文化出版局

2012年7月 4日

いよいよ藍染めスタートです


お店の名前が「ao(アオ)」というと、
藍染めのお店ですか? と聞かれたことがあります。

そうなんです、
名前の由来に、色の「青」「藍」「碧」
(どれもアオと読めます)からとったこともあって、
藍染めをいつか並べたいなと思っていました。

太陽の光に当てたときの
とっても独特な発色は、本当に美しいです。

aizome1207.jpg

けれども、ひとつ悩みがありました。
藍染めは色落ちしたり、色移りしたりすること。


aoの服のテーマカラーは「生成色」です。
ワンピースやトップス、パンツでも生成色を作っています。

商品を並べるにあたり、生成色に色移りしては、
とても困るなあと思っていました。
もちろん、お洗濯のときも気になってました。


そんなときに、
いまの染め職人さんと知り合いました。
きちんと染められた商品は、想像以上に
色落ちも色移りもしないのです。

これ、これ!
これなら生成色のものとも合わせられる!
私にとって、ミラクルな出会い。


そうして、手間をすごくかけられた藍染めたちが
いよいよ商品となって出来上がってきました。
もうたまらなくうれしい。


実際の着た感想は、またゆっくり。
藍染めについても、もっとご紹介したいので、またゆっくり。
まずはこのニュースをお届けしたくて。


ディレクター m. より


2012年4月24日

母の日に想いを込めて

あっという間に桜も散ってしまい、本格的に暖かくなってきましたね。
四月も終わりに近づき、もうすぐ母の日です。
他のお店さんも、母の日に向けてディスプレイされているのが街中で見られます。

皆様はお母さんへのプレゼントはお決まりですか?

┌─┐□   母の日ギフト
│┌┼┐□  ギフトBOX無料キャンペーン
└┼┘├─────────────────────────
□└─┘   2012.4.25.(wed)-2012.5.13(mon)


aoではプレゼント3000円以上お買い上げのお客様を対象に
ギフトBOX無料キャンペーンを実施いたします。
店頭だけでなく、ネットショッピングでお買い物をされた方もお受けします。

※ネットやメールでご注文の場合は、通信欄に「BOX希望」とお書き下さい。
 ただし、5月13日までに到着後希望の場合は、5月9日までご注文下さい。
 母の日用でないギフトも期間中BOX無料となります。

箱の大きさもS,M,L,LLと4種類のサイズのご用意がございます。
ギフトBOXはしっかりとした素材の引き出し式の箱で、
頂いた方が収納箱としてお使い頂けますよ。

 v20120427.jpg

例えば、自分に対してお母さんが料理を作ってくれた、
何かを買ってきてくれた、など
何かの物事がきっかけで、「ありがとう」と言うことは、
普段の生活ですぐに伝えることが出来ます。
ですが、母の日という年に一度の日には、同じ「ありがとう」でも、
前者の「ありがとう」とはまた全然違いますよね。

特別な想いを込めた「ありがとう」。

「いつもありがとう」の気持ち、
産んで育ててくれたことへ、、
いつも守ってくれることへの感謝の気持ち、
いたわりを込めた感謝の気持ち、
お母さんが自分のお母さんであることへありがとうの気持ち。
そこには様々な想いが込められているのではないでしょうか。

そんな気持ちを少しでも相手に伝えることができたら。


「ガーゼはギフトにいいですね」とよく言っていただけます。
それは、ガーゼ本来がもつ、やさしさ、いたわり、
心地よさ、無垢で、自然で、ニュートラル。
どんな方からも愛される素材だからなのだと思います。
ガーゼは、相手を想う、感謝や祝い、いたわりの気持ちに
そっと寄り添ってくれる不思議な素材なのですね。

そして、アオのガーゼ服は、私たちが心地良いと思うもの、
長く着続けたいもの、だれかに贈りたいと思うもの、を作っています。
自分でも着たいけど、大切な人にも着てらいたい、
そんな風にオススメしていただける服作りを心掛けています。
ギフトにしっくりくる品、見つけてみてください。

感謝の気持ちをガーゼにのせて。

n20120423-2.JPG

箱いっぱいに、想いを詰め込んで。

<ヘンリープルオーバー 14300円>新作・生成色
カラーハンカチ 1400円>新色・黄金色
カラーストール 3800円>珊瑚色
後染めコサージュ 6300円>生成色
<ガーゼな靴下 1890円>グレー
プチハンカチ 1000円>生成色

2009年10月30日

メゾン エ オブジェ

2010年1月にパリで開催される
「メゾン エ オブジェ」という展示会に
aoが出展することになりました。

ヨーロッパの方はガーゼが好きかしら?

2006年4月22日

men's

念願のメンズシャツとパンツが進行中です

しっかりめの生地を使って
紺色やカーキといった定番カラーで展開予定です
夏の前には並べたいと思っています

アオの服を着たカップルやファミリーを
見ることができると思うと待ち遠しい

2006年2月18日

末永く

いままで以上に意識していきたいこと
それが今年の(これからずっとの)テーマ
「ecology」

無理してやることじゃなく
あたりまえに静かに

自然に私らしく続けられることを

リユース、リメイク、リフォーム
省エネルギー、オーガニック、地産地消 とかとか

まずは自分の生活をシンプルにしてみます

2005年9月10日

数量限定品

現在店頭に並んでいる
・ノースリーブブラウス
・フレアスカート
・キャミソール
の3点のみ。各2枚の数量限定で、
少しお色直しします。

鳥や円形に切り取られたレース地を
アップリケしたものが登場。
パーティなどにちょうどいいかも。

販売開始日などについては、改めてお知らせします。
10月上旬の予定。お楽しみに。

2005年9月 3日

雪の結晶

雪は冬の風物詩ですが、
夏にその結晶のシルエットをみると
とても涼しくなります。
そんな効果を楽しんでもらえる
一年中着続けたいアイテムを計画中。
次のシーズンあたりから
雪の結晶のプリントを始めます。

2005年7月30日

吸水力を実感です

今日はガーゼのストレートパンツをはきました。
暑い日中は、汗をどんどん吸ってくれます。
夕方になると、さらりとしてほんのりあたたかい。
この肌触りのタオルを企画中です。

私は自宅でガーゼのタオルとバスタオルを使っています。
片面がガーゼで、もう一方の面がパイル(タオル地)というもの。

お風呂上がりは、両面を順に使います。まずはガーゼ面から。
あてるだけで、すーっと水滴をぬぐってくれので、この面から。
そして、湿り気のないパイル面で髪をぬぐったり、体をくるんだりします。
とてもいいですよ。

aoでは、包み込まれるタオルですから、
「私のもの」という感覚を感じるような“何か”
を付け加えられたらいいなと思っています。

2005年7月22日

リトアニア共和国

今日、ビックサイトでやっていた
IFFという催しに行ってみました。

そこで、ガーゼを使った
素敵なデザイナーと出会いました。

バルト三国のひとつリトアニアという国の方で、
リネンが採れる国です。

これを機に知ってみよう。リトアニア共和国!
リトアニア写真館
わお、ぜひ行ってみたい!!!!

2005年7月 4日

必要にせまられて

雑誌と書籍を合わせたような本は
ムックと呼ばれています。
magazineとbookを足してmook。
例えば、雑誌の別冊なんかがそれ。

9月に発売するムックで
aoのページを作ってもらうことになりました。
ほぼ同時に2冊出ます。楽しみ。
6ページづつあるので、
ガーゼを使った手作りを少々載せることにしました。

もちろん、デザイナーさんの手作りが中心ですが
私でもできることは私が。

私の場合、手作りは日々やっていることではありません。
忙しかったな〜という時期がふっと終わって、
ぽっかり時間ができた週末なんかに作ります。

腰の痛いのも気づかず
暗くなって深夜になったことも気づかず
ご飯を食べてないことも気づかず、無心で。

音楽かラジオかテレビをつけながら。
どっぷり集中して、ちくちくちく。
無心プロジェクト、と呼んでます。
休日なのに、すごい疲れます。

でも、これがいいんです。
私には。なんか。

何にも考えず、切ったり、縫ったり、刺繍したり。
そして、最後には何かが完成する。

で、今回のムック用に
必要にせまられた形ではありますが
いくつか手作りをしています。
休日にどっぷりと。

人にお見せするものだから、
いつも自分で作っているときよりも
なんだか緊張しますが、
なかなかいいものができそうですよ。

うふ。

ao daikanyama 公式Facebookページ