ナチュラル服・肌触りの良い大人のガーゼ服は ao daikanyama | アオ代官山
split
information | ナチュラル服・肌触りの良い大人のガーゼ服は ao daikanyama | アオ代官山

インフォメーション

2005年7月30日

吸水力を実感です

今日はガーゼのストレートパンツをはきました。
暑い日中は、汗をどんどん吸ってくれます。
夕方になると、さらりとしてほんのりあたたかい。
この肌触りのタオルを企画中です。

私は自宅でガーゼのタオルとバスタオルを使っています。
片面がガーゼで、もう一方の面がパイル(タオル地)というもの。

お風呂上がりは、両面を順に使います。まずはガーゼ面から。
あてるだけで、すーっと水滴をぬぐってくれので、この面から。
そして、湿り気のないパイル面で髪をぬぐったり、体をくるんだりします。
とてもいいですよ。

aoでは、包み込まれるタオルですから、
「私のもの」という感覚を感じるような“何か”
を付け加えられたらいいなと思っています。

2005年7月30日

web across

8/1から
『web across』のshopに
掲載されます

web across

2005年7月29日

折形の包装

実は今日、店長さんのbirthday。
ほんの気持ちという感じのものに、
少し刺繍をして、お店のラッピングを施したら、
とてもよろこんでくれました。
aoの包装、第一号です。


包装紙も整い、麻ひもの結び方も練習しました。
どなたかへのプレゼントの際には
お声がけくださいね。

この折形は折形デザイン研究所の方に
教えていただきました。ありがとうございます。

2005年7月22日

リトアニア共和国

今日、ビックサイトでやっていた
IFFという催しに行ってみました。

そこで、ガーゼを使った
素敵なデザイナーと出会いました。

バルト三国のひとつリトアニアという国の方で、
リネンが採れる国です。

これを機に知ってみよう。リトアニア共和国!
リトアニア写真館
わお、ぜひ行ってみたい!!!!

2005年7月20日

今日は食べられなかった

7/17(日)に
「FISH & CAKE DELI」というお店が
ごく近所に出来ました。

どうやら、かまぼこで有名な
小田原の鈴廣が経営母体みたいです。

渋谷駅でばったり
スタイリストの岡尾さんに会ったとき、
お店のスタイリングを手伝っているので、
オープンしたら食べてみて、って。

お店に伺ったら、7時まででした。
うっかりしてました。

明日、再度トライしてみます。
なんだか体にもよさそうだし、おいしそうです。
フードメニューの監修は
料理研究家の長尾さんらしいですよ。

FISH & CAKE

2005年7月20日

spring

7/23発売
『spring』9月号のtopicsに
掲載されます

2005年7月10日

1日の1/3ですから

ワンピースのタイプとパジャマタイプの
3種類のリラックスウェアを作りました。
さっそく、一着購入して家で着てます。

家にいるとき、寝るときは
いままでTシャツにジャージや短パンという
格好が多かった私ですが、
このナイトウェアを着てから少し変わりました。

毎日、私は寝ます。あたり前ですね。
その睡眠時間や家にいる時間が
1日の約1/3もあるのに、
そんな時間に着るものについては
ゆっくり考えたことはなかった気がします。

少しも圧迫感がなく、動きが自由になると、
ラクで、思っていた以上にリラックスできますね。
あたり前のことに改めて気がつきました。

まだ一枚しか持っていないので
洗いあがったら、すぐに着てまた洗う。。。

そんなハードユースにも耐えられるよう
実は縫い合わせ部分は、手間をおしまずに「袋縫い」で。

10年くらい着れたらいいなあ。nemaki.jpg

2005年7月 4日

必要にせまられて

雑誌と書籍を合わせたような本は
ムックと呼ばれています。
magazineとbookを足してmook。
例えば、雑誌の別冊なんかがそれ。

9月に発売するムックで
aoのページを作ってもらうことになりました。
ほぼ同時に2冊出ます。楽しみ。
6ページづつあるので、
ガーゼを使った手作りを少々載せることにしました。

もちろん、デザイナーさんの手作りが中心ですが
私でもできることは私が。

私の場合、手作りは日々やっていることではありません。
忙しかったな〜という時期がふっと終わって、
ぽっかり時間ができた週末なんかに作ります。

腰の痛いのも気づかず
暗くなって深夜になったことも気づかず
ご飯を食べてないことも気づかず、無心で。

音楽かラジオかテレビをつけながら。
どっぷり集中して、ちくちくちく。
無心プロジェクト、と呼んでます。
休日なのに、すごい疲れます。

でも、これがいいんです。
私には。なんか。

何にも考えず、切ったり、縫ったり、刺繍したり。
そして、最後には何かが完成する。

で、今回のムック用に
必要にせまられた形ではありますが
いくつか手作りをしています。
休日にどっぷりと。

人にお見せするものだから、
いつも自分で作っているときよりも
なんだか緊張しますが、
なかなかいいものができそうですよ。

うふ。

2005年7月 1日

anan

7/6発売
『anan』1470号のstylist recomend shopに
掲載されます

ao daikanyama 公式Facebookページ